ロレックスの買取価格と相場 スピード無料査定で高価買取!

ロレックス人気の4強!

デイトジャスト

【概要】

ロレックス史上もっとも流行に左右されない腕時計として不動の地位、美と高性能機能を兼ね備えるクラシックなロレックス。

このデイトジャストは、現代のクラシックウォッチの典型とも言えるモデルです。

デイトジャストは、製造当時の初期モデルからデザイン的特徴を長年に渡り保ち続けており、誰が見ても一目で分かる時計として広く知られています。

・904Lステンレススチール

ロレックス社のスチール製時計モデルのケースは、904Lスチールが使用されており、この904Lスチールは通常どのような品質が求められているか言えば、最高の耐蝕性が不可欠なハイテク産業、宇宙航空、化学工業の分野で用いられています。

超合金904Lは非常に堅牢で、研磨性にも優れており、過酷な環境でもその美しさは不変です。

・ブラックダイアル

ロレックスの顔とも言える文字盤、このダイアルは高い独自性と視認性を誇りロレックスの顔とも呼ばれています。

また変色しにくい18ctゴールド製アワーマーカーが特徴的です。

設計から製造まで完全自社開発のダイアルは、完璧を期す為、工程のほぼ全てが手作業で行われています。

・オイスターブレスレット

ブレスレットは、形と機能・美しさと技術の完璧な融合体であり、堅牢な構造と快適な着用感を実現しています。

特徴的なところは、ブレスレットのオイスタークラスプとイージーリンクも備わっており、どちらもロレックス独自の発明であることです。

この独創的なシステムの採用により、ブレスレットの長さを約5mm延長することもできますので、あらゆる場面でより快適な装着感が実現します。

・3235ムーブメント

このデイトジャストには、ロレックスが独自に開発・製造した新世代ムーブメントのキャリバー3235が搭載されており、スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)よりクロノメーターの認定を受けた後に、ロレックス社はケーシングをしてから再度自社で検査を実施しています。

どうしてそこまでしなければならないかと、多くの方が疑問になるところ、ロレックス社の回答は、「日常の使用において公認クロノメーター以上の精度に設定された、ロレックス独自の基準を確実に満たすためです」。

このように組立て後の時計の最終的な精度管理を、ロレックス社が特別に自社開発した方法とハイテク設備を駆使して実施しています。

・日付表示

先代のデイトジャストの伝統からデイトジャスト41の日付は3時の位置に小窓表示されています。

1000分の数秒の僅かな時間で24時のその瞬間に、瞬時に切り替わります。

クリスタルはロレックスが1953年に発明したサイクロップレンズが搭載されており、日付を拡大して視認性を高める工夫も現行モデルでも採用されています。

サブマリーナー

【概要】

ロレックス社のサブマリーナーは力強い機能的なデザインが好まれ、瞬く間に不動の地位になりました。

最新モデルのサブマリーナー及びサブマリーナーデイトは、改良を加えたオイスターケースに、夜光塗料を施した大型のアワーマーカーを備える独特ダイアルが特徴的です。

目盛り付きの回転式セラクロムべゼル、ソリッドリンク付きのオイスターブレスレットを搭載しており、1953年に発表された初代サブマリーナーの特徴を忠実に継承しています。

・904Lステンレススチール

▶「デイトジャスト参照」

・ブラックダイアル

▶「デイトジャスト参照」

・オイスターブレスレット

▶「デイトジャスト参照」

・3135ムーブメント

このサブマリーナーは、ロレックスが独自に開発及び製造した自動巻き機械式ムーブメントのキャリバー3135を搭載しています。

ロレックスの全てのパーペチュアルムーブメントと同様に、このキャリバー3135はスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のテストに合格した高精度の時計にのみ与えられる、クロノメーター認定を受けています。

このムーブメントはパラクロム・ヘアスプリングを装備しており、衝撃と温度変化に対して優れた耐性を発揮することが特徴的です。

・逆回転防止べゼル

逆回転防止ベゼルは、サブマリーナーにとって決して欠かす事ができない機能の一つです。

ベゼルには60分の目盛りが刻まれおり、ダイバーの潜水時間は減圧停止を正確に行う必要があり、その測定をサポートしています。

耐蝕性にも優れた硬いセラミック素材使用しており、ロレックス社が製造したこのセラクロムベゼルインサートは、ほぼ完全な耐傷性を備えているのが特徴的です。

ゼロマーカーには、夜光素材のカプセルが配置されおり、暗闇でも見付けやすくはっきりと見ることも特徴的です。

ベゼルのエッジの刻みは、ウエットスーツ生地のグローブを着用したままでも水中で正確に確実な操作ができるように、綿密にデザインされています。

エクスプローラー

【概要】

エクスプローラーの製造はロレックス社にとって特別な存在であり、その特別な関係を象徴しているのがエクスプローラーです。

歴史ではロレックス社が、1920年代後半から全世界を実験室として見据えて、実際の使用を想定して様々な状況下で時計のテストを繰り返し行い、精度及び堅牢性並びに信頼性の向上に努めました。

・904Lステンレススチール

▶「デイトジャスト参照」

・ブラックダイアル

▶「デイトジャスト参照」

・オイスターブレスレット

▶「デイトジャスト参照」

・3132ムーブメント

このエクスプローラーには、ロレックスが独自に開発及び製造した自動巻き機械式ムーブメントのキャリバー3132を搭載しています。

このキャリバーには、パラクロム・ヘアスプリングと高性能のパラフレックスショック・アブソーバが搭載されており、衝撃と磁力に対して極めて高い耐性を発揮する事が大きな特徴です。

ロレックスのすべてのパーペチュアルムーブメントと同様に、キャリバー3132はスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のテストに合格した高精度の時計にのみ与えられる、クロノメーター認定を受けています。

・スムースベゼル

オイスターパーペチュアルエクスプローラーは、長年ユーザーのアイコンとして存在しその地位を築いてきました。

シンプルなデザインで端正なラインに、新鮮な躍動感を与えています。

904Lスチールのスムースベゼルは堅牢かつエレガントで、エクスプローラーの象徴的な伝統と見事に調和しています。

ヨットマスター

【概要】

高性能の実現のために、厳選された素材と完璧なデザイン性を追求し、その両方を併せ持つロレックスヨットマスターとヨットマスターⅡは、セーラーのスピリットをとても新鮮に体現しています。

このヨットマスターとヨットマスターⅡは、1950年代以来のロレックス社とセーリングの世界と関係構築から深い絆における豊かな遺産からインスピレーションを得て誕生したという大きな歴史的価値があると言えます。

ヨットマスターは高機能性とスタイルの融合を実現しています。

また、ヨットレース用レガッタクロノグラフであるヨットマスターⅡは、ロレックス社が誇る技術を結集して製造されています。

・ロレジウム

現在、ロレックス社の腕時計の多くにイエローゴールド、ホワイトゴールド、またはエバーローズゴールドとスチールの組み合わせが採用され使用されております。

この組み合わせを「ロレゾール」という名称で呼び、伝説的な知名度を誇っているのが特徴的です。

しかし一方で、ロレジウムはヨットマスターのために使用されるコンビネーションでもあります。

ロレジウムモデルのケースとブレスレットは堅牢な904Lステンレススチール製であるのに対し、ベゼルは950プラチナ製となる事も特徴的です。

シルバーホワイトの輝きと眩い煌めきが、神秘性を演出しています。

・ダークロジウムダイアル

▶「デイトジャスト参照」

・オイスターブレスレット

▶「デイトジャスト参照」

・3135ムーブメント

▶「サブマリーナー参照」

・両方向回転ベゼル

ヨットマスターの60分目盛り入り両方向回転ベゼルには、とても希少な素材が使用されています。

サンドブラスト仕上げとなり表面仕上げはマット地でありながら、数字と目盛りがレイズド仕上げである事も特徴的で際立ちます。

海面の2つのブイ間のセーリング時間などを正確に計測できる機能的なベゼルが、このヨットマスターの大きな個性的な特徴的です。